低金利ローンについて

低金利ローンの借り入れ申込みを行うときは、審査の基準を知っておく必要があります。
お財布パートナー※主婦も借りれるじぶん銀行カードローンにも書いてあるとおり、専業主婦は申込めるカードローン会社が限られていますので、まずは自分に申込み資格があるローンを選んでください。

申込み後低金利ローンを組んでもらえるかどうかの審査があり、その審査を通過できなければローンを組むことはできません。
審査項目は多岐にわたります。
全部の項目をパーフェクトにクリアするのが理想的ですが、不足するものがあっても審査に通ることはあります。
審査される項目には、年齢、勤務先(職種)、勤続年数、年収、借り入れ、金融履歴、住居形態、居住年数、家族構成などです。
全項目が同じ比重で審査されるわけではありません。
特に重要視されるものは、年収、勤続年数、借り入れ、金融履歴などです。
年収は多ければ多いほど有利になりますが、できれば200万円以上の年収があることが理想です。
勤続年数は長ければ長いほど収入が安定しているとみなされ、また返済能力があると判断されるので有利になります。
他金融機関での借り入れがある人は審査が不利になります。
多重債務者は特にそうですが、できるだけ現段階で他金融機関での借り入れやローン履歴がないことが望ましいでしょう。
さらに金融履歴では、特に過去の返済の延滞や、債務整理、自己破産の経歴などがチェックされます。
過去に金融事故を起こした経験のある人は審査が不利になります。
住居形態では、持ち家であるか借家であるかがチェックされます。
持ち家に住んでいれば審査は有利になりますが、借家であれば相対的に審査は不利になります。
ただし、家賃の支払いを延滞なく継続して支払っていることが確認されれば大きな減点とはなりません。
勤務先も重要な審査項目となります。
どこに勤務しているかということ、特に勤務先の規模は重要なチェックポイントです。
規模の大きな勤務先であれば、審査は有利に働くと思っていいでしょう。
低金利ローンは利用者が集まりやすいサービスですので、その分審査は厳しいものなる傾向があります。
したがって、審査項目はできるだけ全てクリアするのが望ましいといえるでしょう。
低金利ローンは必ずしも審査に通りやすいわけではないことを、覚えておく必要があります。